スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご訪問くださりありがとうございます。




せっかくお越し頂きましたが、


身内に不幸があった為


少しの間 ブログをお休みさせて頂きます。



あっ、ジイジではありませんので。。





落ち着きましたら、


皆さまのブログを 拝見・応援 させて頂きます。




 

スポンサーサイト

特養かグループホームか… そろそろ決めなければ。

ご訪問くださりありがとうございます。



ジイジが最初の入院から1ヵ月が経ちました。

今週に入り、

ミキサー食と  リハビリを再開し、

グループホームに戻る準備をしています。


mamaは 朝晩 ジイジのところに寄っていますが、

口から食べられるようになってから

ずいぶん顔色が良くなってきたと思っています。


減らず口をたたくことも増えてきました (*`・з・´)


今週の土曜日は午前中 特養Aの見学と、

ジイジのリハビリの様子を見ることになっています。

リハビリでの歩く姿を見て (これだけではないのですが・・)

特養にするか グループホームにするかを

そろそろ 決めなければなりません。



歩けなければグループホームには戻れません。

食事のムセがひどくても戻れません。

この二つを心配しながら、

ジイジの耳元で刷り込むように

「たくさん食べて歩けるようになったら帰れるよ。」と

ずっと言い続けています。

この二つさえクリア出来たら…

そう思っていた mama でした。



それなのに 突然もう一つ 問題が出てきました。


『 酸素濃度 』
 

正常な血中の酸素濃度は92~95だそうです。


ジイジは一時 86 になったようです。

痰が絡んでいたのでそれを吸引して正常値になったようですが…


この状況が続けば グループホームには戻れないと、

担当医に言われました (T_T)


担当医は ジイジの退院は難しいと思っているようです。

mama もそれは薄々感じていますが、

最後まで希望を捨てずにジイジを励まそうと思っています。


ジイジも mama も後悔の無いように。


来週には ジイジの今後が見えてくると思います。


*   *   *   *   *   *   *


ジイジは今年 85歳になりました。

ジイジの兄は 87歳。

静岡で元気に暮らされています。

来月 ジイジに会いに お一人で飛行機に乗って来られます。


生きていく中で この差はどうして生まれるのでしょう・・ね。



582g.jpg

☆ ボクに聞かれても困ります ☆

8時間ダイエットのその後

ご訪問くださりありがとうございます。



先月から (こちらの記事⇒) 始めた8時間ダイエット。

今年に入り 一気に3キロ太って焦ったmama (;゜0゜)


食べ過ぎだって 分かってはいたんですけど、

どうしても 止められず 

一食余計に食べているような日々を過ごしていました。


お腹はボッコリ、
 

これは マズイ (*´~`*) と、

食べる量を減らしてはみましたが、

残り1㌔ チョットが なかなか減ってくれません。



それで始めた8時間ダイエット

正確には8時間半ダイエットかもしれません (^^ゞ

どんなに急いでも 夕食を食べ終わるのが、

21時前になるので・・・


   *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚


7/12から始めたダイエット

本日 8/21の体重は -1.15㌔


ダイエットを始めた1ヶ月の間は、

 -700㌘ くらいを行ったり来たりでした。

それがひと月を過ぎたここ数日で グッと変化が ヾ(*^▽^*)〃


特に食べるものに気を遣ったわけではありません。

夜もお腹いっぱい食べているので

朝はお腹が空いていず、ダイエットをしてる感もありません。


『 一食抜いただけで ? 』 と、


どれほどの朝食の量を摂っていたのかと思われますが… (^_^;)



*  *  *  ダイエット前の mamaの朝食  *  *  *


ドロッと豆乳 コップ1杯

コーヒー (ブラック) カップ半分

5枚切りトースト  半分

オリーブオイル大さじ1に シナモン少々

(mamaはオリーブオイルの香りが苦手)


生野菜 片手に山盛り ( 両手じゃないの ( /ω) )

(マヨネーズ or ドレッシング)


卵・ウインナー等は、

その日によって体調が良くないことがあるので

 朝 には 食べなくなりました。


・・・ そう、朝食は たいした量ではなかったのです (*ノ∪`*)


今は水素水1.5杯と コーヒーをカップに半分が朝食代わりです。


朝、飲まなくなった豆乳や食べない野菜は、

会社の昼食時に しっかり摂っています。

だからダイエットで減らした食べ物は、


トースト 半切れ  のみ (^_^;) 



それだけで 変わるの~??? と言われそうですが…


ひと月経って感じるところは、


胃が 小さくなったこと。


以前より食べる量が少なくても満腹感があります。


それから いつもお腹の中がスッキリしている感が心地よいです。

毎日 水素水を飲んでいるので ほぼ快調 (快腸) でしたが、

ダイエットを始めてからは お腹の張ることが無くなりました。

便秘は皆無 ( mama ビックリ!!)


腸に関しては  Berry good !!



お腹の出っ張りも、


ぼっこり

から


ポッコリ  


そして、時々


ぷっくり



なので とても +゚。*(*´∀`*)*。゚+ 嬉しいのデス


まだまだ続けていこう思っています♪


魔の時間帯 10時から10時半を克服 出来ていれば

( この時間は何かをつまみたくなるの (〃▽〃)ゝ)



安泰です。
 

・・・たぶん (笑)


581g.jpg

☆ 久しぶりの三日坊主じゃないですね ☆



迷ってしまう二つの特別養護老人ホーム

ご訪問くださりありがとうございます。



ジイジは再入院から二週間が経つところです。

肺炎をぶり返さなければ

ずいぶん歩けるようになっていたのでは… と、

モヤモヤが吹っ切れず (つω-`。)


それでも昨朝、出勤前に ジイジのところに寄ると、

前日の夕食から点滴ではなく、

口から食べ始めたと聞き少し嬉しくなりました♪

でも ミキサー食にも むせているようです。

( また誤嚥性肺炎にならなければよいのですが… )


*   *   *   *   *   *   *   *  


グループホームへ戻ることを諦めたくない mama ですが、

やはり そうも言ってはおれず、

お盆のお休みの間に「特養B」を見学して来ました。


隣町にある 建って まだ2年の特養で、

ホテルのような素敵な室内にビックリです。


まろ家から車で30分程掛かります。

mama の会社と反対方向なので

帰りにチョット寄りましょうとはなりません ε-(o´_`o)ハァ・・

100名定員でただ今満室、40名待ちとのこと。

それでも 待っている人の中には入院していて

すぐに移れない人もいるそうで実際は20名待ちだそうです。


*   *   *   *   *   *   *   *


mamaの住んでいる町にも特養Aがあり、

こちらは 以前から申し込みをしています。


この二つの特養を比べると 費用はひと月3万円違っています。

大きな違いは「個室」か「複数人部屋」かです。


特養Bは 個室なので音楽を自由に聴くことが出来ます。

特養Aは まろ家の近くなので毎日顔を出すことが出来ます。

(特養Bですと一週間に1回か2回しか訪ねられません)


音楽を聴くのが好きなジイジに個室は魅力的ですが、

実際自分でカセットを扱うことは出来ないし、

個室ですと何かあっても気付いてもらえない可能性が・・・

その点、複数人部屋ですと 出入りが多少多くなります。

でも、音楽は諦めなければなりません。


ジイジは認知症とはいえ、

まだ理解できることの方が多いので、

どちらが良いか聞いてみました。



でも 迷って迷って答えは出てきません。



そんなジイジの姿をみて mama は、

ジイジは まだグループホームに戻ることを

諦めてはいないんだと感じました (* ´ ▽ ` *)



580g.jpg

☆ ジイジ、ボクも応援しているよ ☆




幻想的な青い池

ご訪問くださりありがとうございます。




お盆休みに入ったまろ家。


ジイジのお見舞いに少し疲れが見えてきた mamaを


 ドライブに連れ出してくれたpapa




いつ来ても 気持ちよく眺められる 美瑛の丘


570g.jpg





夏の風物詩の牧草ロール


乾燥させて、冬の間の牛たちの大事な飼料になります。


568g.jpg






本日の目的地は 『 青い池 』



571g.jpg





572g.jpg





573g.jpg





574g.jpg



青く見えるのは、十勝岳中腹を源とする硫黄沢川からアルミニウムを含んだ水が流れとしらひげの滝の麓を流れる美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されているためと言われています。


昭和63年12月に十勝岳が噴火後、北海道開発局は火山災害から美瑛町を守るため、火山泥流を貯める施設として早期に工事の完成が可能なコンクリートブロックによる、えん堤が平成元年6月に着手され、同年の12月に完成、その結果、ブロックえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、「青い池」とよばれるように。

 

上記はコチラ ⇒ 青い池☆ より抜粋




575g.jpg


右側の緑の木々の中を突き当りまで歩きました。



576g.jpg



歩いて来た道を振り返ると こんな細いデコボコ道。


バギーを使えず まろには歩いてもらいました。


途中で歩くのがイヤになった まろは、


バギーを折りたたんで持ち歩いている papaのそばへ


何度も走り寄り バギーに乗せてもらおうとアピール (*´艸`*)


まろちゃん、残念だけど  我 慢  ですよ~




577g.jpg



突き当りの目の前は 美瑛川が流れています。


川もほのかに青い色に見えています。




 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・゜



幻想的で不思議な眺めの池でした。




帰りは デコボコ道の一段上の砂利道を歩き


駐車場へ戻ります。


まろは、バギーに乗せてもらい一安心の様子


ヘルニアもまだ完全に治っていないので


今回はお留守番も考えましたが、


一緒に行く気満々の様子に


負けました~~~




心配したけど、


一緒に出て来て良かったね (*^^*)



578g.jpg


☆ ボクも家族の一員ですから ☆




努力は報われないのでしょうか・・

ご訪問くださりありがとうございます。




今年のお盆休みは6連休の mama です。


コンビニのお手伝いに行こうと思っていましたが、


ジイジがこんな状態なのでお休みを・・・


新人学生さん2名が入ったので大丈夫かな (^_^;)



*   *   *   *   *   *   *   *  



ジイジが再入院して数日を過ごしてから、


mama は会社を30分早く帰らせてもらい


毎日 ジイジの夕食の介助をしていました。



時間の融通を利かせてくれる会社と工場長に感謝です (*≧∪≦)



18時前に病院に着き ジイジにご飯を食べさせていましたが、


だんだん ムセが 酷くなり


看護士さんと相談して


ミキサー食に変更することとなりました。



本当は スムーズにグループホームに戻るため、


「きざみ食」のままで頑張ってもらいたかったのですが・・



ミキサー食は ムセを起こさず すんなり食べられるジイジ。


早くからこうすれば良かったのだと後悔しましたが、


もっと後悔することが待っていました。



*   *   *   *   *   *   *   * 



ミキサー食にして2日経ったところで、


ジイジが38度の熱を出し


誤嚥性肺炎と診断されました。


尿路感染症も見つかり・・・



抵抗力が衰えると大変なことになるのですね。



また点滴のみで1週間ほど過ごします。



12日㈮は ジイジのリハビリの様子を見学して、


グループホームに戻ることを検討しようとも考えていました。




すべて振り出しに戻りました 。゚(゚´Д`゚)゚。




焦ってはいけない。


慌ててはいけない。



頭の中では分かっていても、


これ以上 ジイジがベッドに横たわる時間が長引けば、


本当に歩けなくなってしまう。



mamaは 気持ちが落ち込みそうだけれど、


ジイジを励まし元気付けなければと気持ちを振るい立たせています。



*   *   *   *   *   *   *   * 



でも、気持ちと体が疲れ過ぎて


いつの間にか ベッドの上で寝てしまい、


目が覚めると真夜中だったり (//>ω<)




そんな mamaの様子をみて papaは、


気分転換にと まろも一緒に、


美瑛の『 青い池 』 に連れて行ってくれました。



自然の不思議を目の前にして少し気分も晴れました。


こちらは後日 ご紹介したいと思います。





歳を重ねて いずれは mamaも老人の仲間入りですが、


歩くことの大切さを 今 身に沁みて感じています。




566g.jpg


☆ ボクもアンヨの大切さ 身に沁みてます ☆



やっと、冷蔵庫買いました。

ご訪問くださりありがとうございます。




ジイジが最初の病院に入院する数日前、


mama は16年使用した冷蔵庫を買い替えようと、


仕事帰りに電気屋さんに寄っていました。


今から思うと この日をのがしたら


また来年まで買いそびれるところでした ε-(´∀`*)ホッ



一昨年から買い替えたくて 安値の時期を狙っていたのですが、


なかなかタイミングが合わなくて買えずにいました。



今回は 欲しい型の冷蔵庫2色は完売していましたが、


mama の欲しかった白だけは まだ残っていました ~ヽ(≧∀≦)ノ


お値段もネットよりも・・・(ノω`*)ノ



563g.jpg



このメーカー 新製品を出す前に


旧タイプを早めに売り切ろうとするのか?、


よそのメーカーよりも早く在庫が無くなります。



ホントは野菜室がまん中のものが良かったのだけど、


そうするとメーカーは一社だけ。


でもこのメーカーは野菜室の他に工夫が無いので却下です。


(〇ナソニックにもホントはあるのだけれど30万円以上のお値段なので論外)



*   *   *   *   *   *   *   *



mama の今まで使っていた冷蔵庫は、


〇芝製でしたが「ソフト冷凍(₋7℃)」というのがありました。


パンを保存すると₋18℃の場所に入れるより


すんなり切れるし、とっても美味しく食べられます。


お肉もチョット硬くてもすぐに切れるので重宝してました。



それで今回は₋7℃の引出しがついている冷蔵庫を選びました。


たいして期待していなかった「氷点下冷蔵」もありましたが、


  

562g.jpg  

mamaの好きなビールです♪



これが、

 

ビールを冷やして飲んだら美味し~~デスノ(⋈◍>◡<◍)。✧♡



購入記念に3種18本を買って並べてみましたが


氷点下の引出しには10本入りました。


まろ家は これからもお肉よりビールが入るかも ( /ω) 


キンキンに冷えたビールは美味し過ぎて、


普段1本しか飲まない mama が2本も飲めちゃいました !



この暑い夏にサイコーです ヾ(*^▽^*)〃



18本のビール、 まろ家2名で半月は持つのですが、


今回は アッという間に消えてしまいそうな予感 (´∀`*;)ゞ


8時間ダイエットも続けているので、


時間に気を付けて飲まなくちゃ。。



近々 ダイエットのご報告もしたいと思います。


なかなかイイですよ… このダイエット (*´艸`*)



 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚



エアコンのない まろ家。


扇風機と冷風機がフル稼働で頑張ってくれています。


まろは扇風機や冷風機の前にいるか、


フローリングにペタッと横になって涼みます。


mama は絨毯が苦手でどこにも敷いていないので、


まろは アチコチいたるところで行き倒れています (笑)



565g.jpg




眠くなると・・・


ベッドは暑くてイヤなのか、


サークルに入って寝転がります。




窮屈そうで 暑苦しく見えるのですが・・・ ( ̄▽ ̄;)


564g.jpg


☆ ボクなりに涼んでいます♪ ☆

 


腹立たしい・・けど、かなり嬉しい。

ご訪問くださりありがとうございます。




先週 木曜日、新たに入院したジイジ。



入院当日グループホームへ迎えに行くと、


前日とは別人のようなしっかりとした顔つきで


食事もほぼ残さずに食べていました。


管理人さんからは、


『 薬の影響が抜けたのと、口から食べられるようになったから 』 と言われ。


どちらも 凄い力があるのですね。



今回 病院に向かうのに「介護タクシー」を始めて利用してみました。


車椅子に乗ったまま運んでくださるのでとても便利です。


料金が気になりましたが、


通常の運賃 プラス 500円 でした。



*   *   *   *   *   *   *   *   *   



病院に着いて さっく病棟に案内されベッドに落ち着きます。


6人部屋で4人の方が入院していました。


病室に入った瞬間、


『 あぁ、ジイジをここでずっと過ごさせるわけにはいかない。』


mama は、そう 感じました。


寝たきりの方がお二人、


お一人は意識がしっかりとしているけれど、


体の自由が利かないのだと付き添いの奥様が言ってました。


あとのお二人はベッドを起こして食事はされますが、


お体はご不自由のようです。



ジイジは1週間ほど前までは歩いていたので、


今ならまだ何とかジイジを元のようにしてあげて、


グループホームに戻してあげられるのでは…



淡い期待を持ちたく思いました。



*   *   *   *   *   *   *   *   * 



間もなく先生がいらして、


「この病院はリハビリをしない」と前回話されていましたが、


『 ここで リハビリをやって効果が無ければ転院を考えてみましょう』


と、言ってくださいました。


リハビリをさせたい mama の気持ちが伝わったようで嬉しかったです。



元気が出てきた ジイジは、


いつもの減らず口をたたき始め… まぁ、腹の立つこと!!


ずっと心配してきて泣きそうになった(実際泣いたけど) mama が、


何だか損した気分になっちゃいました。


でも・・・良かったです、嬉しい (⋈◍>◡<◍)。✧♡



まだ予断を許さない状況ですが、


家族が明るい先の希望を持って対処しないと、


ジイジは寝たきりになってしまうように思います。


かなり厳しいと思う自分も心の隅にいますが・・・


今が 『 最後の踏んばり時 』 と肝に銘じています。 



561g.jpg


☆ mama、ボクのこと忘れてませんか? ☆

 

 

そう簡単に事は運びません。

ご訪問くださりありがとうございます。


月曜日に とつぜんジイジの退院を言い渡され、

そこから また mama の奮闘が始まりました。

すぐさま転院予定先の病院Aの看護師長さんのところへ行き

いきさつを話しましたが 看護師長さんも


『 ありえない 』


と驚くばかり。


ここは、すぐにでも入院させてもらいたところですが、

やはり簡単にはいかず、

とりあえず 明日火曜日に先生とジイジを交えて面談することに。

入院までの間 ジイジはグループホームで過ごすことになりました。

食事もミキサー食(ミキサーでドロドロにしたもの) を

用意してくださいました、感謝です。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  


火曜日、ジイジを連れ グループホームの管理者と mamaで

先生といろいろお話をしました。

まだ歩くこともままならないジイジの体なので、

このままにしておけないと木曜日からの入院が決まりました。

このあと、ジイジと管理者の方が診察室を出され、

先生とmamaとの話になりました。


『 年齢を思うとこのまま寝たきりになるかも知れない。』


『 どんどん衰弱していく事も考えられる。』


先生はいろいろな場面の話をしてくださいました。


ここで mama は 『 覚悟 』 することとなりました。



これから先 何度 この 『 覚悟 』 が必要になるのでしょう・・


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  


それでも mama は諦めたくなくて先生にリハビリをお願いしました。

この病院Aではジイジのような状態の人のリハビリは無いけれど、

主治医のいる病院Bであれば規模が大きいので対応してくれるはずと、

転院を勧めてくださいました。

『 もし行ってみてダメであればいつ戻って来ても大丈夫ですよ 』と、

優しい言葉もいただきました。


さっそく病院Bの相談員さんにこのことをお話しすると、

『 現状を維持するリハビリなので期待できるものではない 』

『 隣町にリハビリ専門の病院Cがあるのでそちらをたずねてみては? 』

そう言われました。


そこで今度は 病院Cに電話を架けました。

病院Cでは、

『受け入れは可能ですが 入院して その病院の方から電話を頂きたい 』

病院間の打ち合わせになるようで、

ジイジの入院する病院Aにこのことを知らせました。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  


水曜日、入院前日の朝

ジイジのグループホームに出勤前に寄ってみました。

そこには 目に力のない 食事を口から垂らしている

弱々しいジイジの姿がありました。


火曜日にあれほど頑張って電話を架け、

長々と病院の方に相談をしていましたが、

このジイジの姿を見た mama は


『 リハビリはやめよう 』


『 ゆっくり穏やかに過ごしてもらおう 』


『 遠くの病院でお見舞い回数が減るより、

近くの病院に入院させ 毎日顔を見せることにしよう 』



そう心に決めたのでした。




7月5日夜 病院に行ってきたまろ

560g.jpg

☆ 先生に「順調だね」って言われました ☆
  
  

おそろしい病院

ご訪問くださりありがとうございます。




今週に入り 北海道も30℃前後の気温が続き、

 mama は エアコンの無い事務所で31度の室温と戦っています。


干物にならないよう気を付けなくちゃ (;゜0゜)



*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 



どうやってジイジを転院させようかと悩んでいた mama。


『 えぇぇぇ~~ 』


と言うような展開になり、


 無事?にジイジを違う病院に入院させられることとなりました。



今週月曜日、主治医から説明を聞くことになっていたため

16時半に病院待合室へ行くと・・・


グループホームの管理人の女性が椅子に腰かけています。


聞くと、『 退院するので来てください。』 と呼ばれたようです。

ジイジのパジャマと車椅子を用意してきてくださいました。


ほどなく呼ばれて診察室に入り 主治医から、

(この病院は先生が一人で 院長=主治医だとこの時知りました。)


『 炎症反応も消えたので退院していいです。』


と、告げられました。



転院を予定していた先の 病院看護師長さんからは、


『 食事を摂る様子をみながら、

ある程度食べられるようになってからの退院になりますね 』


そう聞いていた mama なので、

「まだ点滴のみだったジイジを退院させるとは」とビックリです (°_°)


『 食事はまだ食べ始めていませんでしたよね。』と確認すると

先生の横に立っていた看護士さんが、


『 今日のお昼から食べ始めました。半分くらい食べました。』



1回食べさせて それで退院???



呆気にとられましたが、

転院の話をせずに退院できるので まぁ、良し とします。


内心、転院のことがバレて嫌がらせかとも思いましたが (^_^;)

そうではなく、

この病院の経営する老人ホームの入所者さんが

肺炎になって治療したいようです。

(実際に転院の件は知られていませんでした。)


そうなれば 急いで転院先の病院へ連絡を


アタフタ((o(=ω=`; )( ;´=ω=)o))アタフタ



・ ・ ・ ・ ・



そして 今度は切ない 次なる思いが 待っているのでした。




*   *   *   *   *   *   *   *   *   



おまけ


ジイジが退院の為 17時半頃 病室で着替えをしていました。

そこに主治医(院長先生)が来られ、

『 何かあれば いつでもいらしてください。』と

言ってくださいました。

mama は『ありがとうございます。』と頭を下げましたが、

心の中では

『間違っても来ません!!』と (´∀`*;)ゞ


そうしたら たまたま隣のベッドにお見舞いに来ていたご夫婦が

院長先生に向かって、


『父が 今朝方から40度の熱を出して血尿があり、

今も39度台の熱が下がりません。』


と訴えられたのですが、

院長先生はそのことを知らずに一日過ごしていました Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


mama は一瞬 今日は日曜日で先生はお休みしていたのかと思いましたが、

いえいえ 間違いなく月曜日の平日です。

看護師さんは主治医に状況報告をしていなかったのですね~(怖)


そのご夫婦も早く気付いて転院されることを願わずにはいられません。

(ナニゲに転院の話をホームの管理人さんとチラつかせて話したので、

気付いてくれればと思っています。)


本当にいろいろな病院があります。


病院選びには 十分気を付けましょうね。



 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・゜



こんにちは、まろです。

今日 犬走りの周りを元気に走ったら mama に叱られました。


559g.jpg


☆ mama どうして怒るのかな~? ☆

 

 

コメント欄、忙しさの為しばらく閉じさせていただきます。 

プロフィール

まろmama

Author:まろmama
北海道在住


まろ
犬種   Mダックス
カラー    ブラックタン
性別   ♂
誕生日  2011年8月29日
性格   小心者の甘えんぼ
特技(?) 
お手の後、黙っていてもおかわりする。
11時間ひとりでお留守番できる。

家族
papa
yu姉(横浜在住)
kaz兄
ジイジ(mamaの父)
近所のグループホームに入居中
アルツハイマーとレビー小体型認知症
現在 要介護3



お散歩は好きだけど家から離れて行くのが不安で歩かない。
だから春夏秋はバギー、冬はソリでお散歩。
でも帰り道 お家が近づくとなぜかしっかり走る。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。