スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お年寄りの肺炎の怖さ

ご訪問くださりありがとうございます。




ジイジの入院は 最初の病院から数えて


2カ月が経とうとしています。



『 喉がゼーゼーするので病院に行ったら入院に 』


そうグループホームから電話がありましたが、


それは 肺炎と診断された為の入院でした。



その後 いろいろあり 今の病院に再入院となりましたが・・



転院してからは 食事もリハビリも順調で


間もなく退院と思われましたが、


そんな時に また熱が出て 検査の結果



再び肺炎と診断されました (ノ_<)



誤嚥性肺炎の疑いが強いと言われましたが…



その後も 二度熱を出して、


検査の結果は 予想通り 誤嚥性肺炎でした。



肺炎になると食事がストップされ、


抗生物質の点滴治療が一週間ほど続きます。



601g.jpg

ある日の朝食 お茶とお味噌汁はとろみ剤を入れてトロトロに。



熱が下がり 落ち着いてくると食事が摂れるようになります。


ジイジはこの病院に来て誤嚥性肺炎を繰り返し、


ミキサー食になってしまいました。


認知も進み 食べることが上手く出来なくなってきたことから、


思うように呑み込めず食事が気管から肺に入り


肺炎になっているようです。




この頻繁に起こす肺炎で、


食事を完全に止め点滴に頼るようになるかもしれないと、


先日 担当医に言われました。


近いうちに先生と 今後の治療を考えることになりそうです。




心を落ち着ける暇がない今の mama (>_<)



唯一 まろの のんびりとした姿を見るのが


心休まる時かもしれません。




603g.jpg


☆ こんなボクでもお役にたってます?! ☆



スポンサーサイト
プロフィール

まろmama

Author:まろmama
北海道在住


まろ
犬種   Mダックス
カラー    ブラックタン
性別   ♂
誕生日  2011年8月29日
性格   小心者の甘えんぼ
特技(?) 
お手の後、黙っていてもおかわりする。
11時間ひとりでお留守番できる。

家族
papa
yu姉(横浜在住)
kaz兄
ジイジ(mamaの父)
近所のグループホームに入居中
アルツハイマーとレビー小体型認知症
現在 要介護3



お散歩は好きだけど家から離れて行くのが不安で歩かない。
だから春夏秋はバギー、冬はソリでお散歩。
でも帰り道 お家が近づくとなぜかしっかり走る。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。